子供の便秘原因と症状-腹痛の対処と解消方法マッサージ

MENU

簡単!医師が教える子供の便秘を解消する方法

一般的に、大人に比べて子供は便秘になりにくいと考えられています。大人に比べて、便意をもよおした際に、トイレに行く時間が制限されにくいことや、適度の運動がされていること、食生活の偏りが大人に比べて少ないことなど、さまざまな理由が考えられています。一方、最近では、子供も塾通いや、食生活の乱れ、ストレス、運動不足など、大人と同じような生活習慣への移行なども指摘されています。そのような環境の変化もあり、最近子供の便秘が少しずつ増えているのです。そこで、改めて子供の便秘を解消するための方法に関して整理をして紹介いたします。

 

?食物繊維やオリゴ糖をとる
最近の子供は、母乳ではなく調整粉乳で育った場合など、お腹の中の腸内細菌の中のビフィズス菌が少ない人が多いようです。食品の食べ方の工夫で、腸内環境を改善できる可能性があります。例えば、食物繊維を多く摂ればビフィズス菌を増やすことが出来ます。大豆類、根菜類、海藻類、野菜類などには、食物繊維が多く含まれますので積極的に食べやすい形で、料理に含めてあげるといいですね。例えば、スムージーにしたり、細かく刻んで利用するとかすれば食べやすくなります。また、同じ働きをする、オリゴ糖が市販されていますので、いろいろな食事に加えてあげることも有効ですね。

 

A運動とマッサージ
また、最近は子供の運動不足が便秘の原因にもなっています。外で、遊ぶ機会が少ないのであれば、室内でも構いませんから、ダンスをするとか、お腹の刺激になるような体操や、ストレッチをすることも有効です。もし、お子さんが赤ちゃんのように小さい場合、やさしくお腹のまわりをマッサージしてあげると良いでしょう。お腹のぜんどう運動の助けをしてあげるのです。おへその下あたりのS字結腸と呼ばれる部分を時計回りに、円をかくようにマッサージすることが効果的です。

 

Bトイレの習慣化
トイレは、便意をもよおしても、我慢してしまうと、だんだん出にくくなり、便秘になってしまいます。ちょっとした、トイレのがまんがきっかけになって、便から水分が吸収されるため、時間がたつほど、硬くなってしまい、ますます便秘が進むのです。ですから、子供のトイレタイムを積極的に日常の生活で作ってあげるといいでしょう。例えば、朝食を食べた後は必ず、便意が無くても、トイレタイムを習慣つけるなどするといいですね。

 

このように、子供の便秘を解消するためには、食事と運動とトイレの習慣化など親も一緒に子供の便秘解消に向けて、協力することが大切ですね。