MENU

乳児は便秘が原因で出血する事も!おしりのケアはとっても大事

<乳児が便秘で出血するのは肛門付近に傷が付くから>

 

乳児が便秘で何日も便が出ない状態が続くと、腸内に溜まっている便は水分が失われてどんどん固くなっていきます。固い便は乳児が力んでもなかなか外に出てこなかったり、やっと出て来たかと思ったら肛門や肛門周辺の腸壁を傷付けて出血させてしまう事があります。

 

当然乳児もおしりが痛くて排便時に泣いたりする事があるため、親側も子供の便秘をどうにか解消してあげようと色々模索し始めます。

 

<便秘で固くなったウンチで肛門に傷が付くと…>

 

便が固くなると肛門から便が出る際に周辺の粘膜を傷付け、傷ついた部分は神経が過敏になります。見た目にはあまりわからない傷でも、便秘になって出血した乳児は強い痛みを感じている事がありますので、時には排便自体を嫌がってしまう事があるのです。

 

乳児がこのような状態になると、更に便秘がひどくなってしまう事があります。肛門から出血する→痛い→排便を我慢してしまう(もしくは痛くて全て出せない)→再び便秘に…このような悪循環が出来上がってしまう可能性があるのです。

 

肛門が切れるとしばらくは排せつの際に痛みを感じる事になりますので、この時に便秘で固い便が再び出るとかなりおしりが痛いはずです。

 

<乳児が便秘で出血してしまった際の対策>

 

乳児が便秘になり、出血してしまった際は肛門裂傷を引き起こしていますが、これを放置して慢性化させてしまうと潰瘍になって炎症を起こしてしまう可能性があります。そのため、コロコロとした固いうんちが出て肛門を傷付け、出血するほどの便秘になってしまったら一度医療機関に相談することをおすすめします。

 

肛門裂傷が起こっている所に塗る事が出来る軟膏を処方してくれたり、乳児の便をやわらかくするコツなどをアドバイスしてもらえることがあります。

 

乳児の便秘はめずらしい事ではないですし、ミルクや母乳から離乳食に移り変わる際には便秘になる乳児も多く見られます。一時的なものならあまり心配はいりませんが、慢性的に便秘を繰り返しているようならば赤ちゃんの腸内環境があまり良くない可能性があります。

 

粉ミルクなどに純度の高いオリゴ糖を混ぜて飲ませてみたり、ミルクや母乳以外にも水分補給をこまめに行ってみたりなど、赤ちゃんの腸に良いとされる事を出来る範囲からで良いので試してみるようにしましょう。

 

乳幼児の便秘は将来大きくなってからの腸内環境が左右される事もありますので、この時期に腸内環境をしっかり整えてあげるのはかなり大切な事です。