MENU

子供の便秘にビオフェルミンは効く?何歳から与えてOKなの?

<子供が便秘の際にビオフェルミンを与えてもOK?>

 

腸を整える整腸剤として多くの人に知られているビオフェルミンは、錠剤と細粒が存在しています。どちらも気軽に薬局などで購入する事が出来るので常備薬として家に置いている人も多いかと思われます。

 

錠剤タイプには新ビオフェルミンS錠がありますが、こちらは5歳未満の子供には与える事ができません。服用しないようにという注意書きが書かれています。これは錠剤を喉に詰まらせたりしてしまうリスクを考えての事だと思われます。

 

ビオフェルミン自体は、実は人間の赤ちゃんよりも遥かに小さい猫などのペットにも医者が時々使うほどなので、そこまで危険な副作用や物質は含まれていないと思われます。現に新ビオフェルミンS細粒は5歳未満の子供が服用出来るようになっていますし、生後3ヶ月以降の乳児でも服用が可能です。

 

ビオフェルミンは錠剤・細粒共にほんのりとした甘味があり、苦味などは全く無い錠剤なので子供も飲みやすく、子供の整腸目的で与えやすい整腸薬です。

 

<ビオフェルミンの効果とは?>

 

ビオフェルミンは乳酸菌によって腸内を整える事を目的とした整腸剤です。コンク・ビフィズス菌、コンク・フェーカリス菌、コンク・アシドフィルス菌の三種類を体内に取り込むことが出来ます。

 

便秘だけでなく、軟便などの便通関連のトラブルの際に有効な効果を発揮すると言われています。ビオフェルミンには即効性が無いと言われていますが、飲むと割と数日で効果が実感できる人も多いです。

 

ビオフェルミンを飲み続けると、ビオフェルミンに含まれている腸内に有効な三種の菌が腸内環境を整える手伝いをしてくれますので、だんだんと便通が正常化されていく事が多々あります。そのため、効果が現れるまである程度飲み続けなければなりません。

 

<ビオフェルミンと相性抜群!?同時に摂りたい!オリゴ糖>

 

乳児〜幼少期の子供の頑固な便秘や慢性化した便秘に対して最強のコンビと言えるのが乳酸菌とオリゴ糖です。オリゴ糖を摂取すると、腸内でビフィズス菌の餌となりますので、摂取した菌の働きを活発化させて腸内環境を更に良好なものにしてくれます。

 

ビオフェルミンも腸内で善玉菌として働いてくれる菌の塊ですから、これと同時に腸内に餌となるオリゴ糖を送り込む事で相乗効果が期待できるのです。

 

実はこのオリゴ糖は色々な食品のほか、赤ちゃんが飲む母乳にも含まれています。しかし子供は食べ物の好き嫌いが激しい子もいますし、食事量が多くないため、コンスタントにオリゴ糖を摂取するのは難しいケースが多いです。特に離乳食前の赤ちゃんは母親の母乳の質に左右される上にまだ食事でオリゴ糖を摂る事ができません。

 

日頃の食生活でふんだんにオリゴ糖を摂取させ続ける事は、子供に食事を与える親からしても大変な事です。普段から便秘解消のために、便秘に良い食べ物を食べさせようとしても、色々な食品を毎日バランスよく調理しなければならないからです。時には外食で楽をしたいと思う日もある事でしょう。

 

便秘体質というのは毎日の積み重ねで引き起こされる事が多い分、毎日気を使う必要がありますが、それでは子供の便秘体質を改善する前に親が疲れてしまいます。子供の便秘を改善・解消する努力は出来る範囲で行い、オリゴ糖などの腸に有効なものを健康食品などで補うのも手抜きのコツです。

 

<オリゴ糖は何がおすすめ?>

 

オリゴ糖と一言に言っても、実は腸内の善玉菌が好むオリゴ糖というのは一種類だけではありません。オリゴ糖は単一の物質ではなく数種類存在しているのです。たった一種類のオリゴ糖だけでは、腸内でそれを餌にする善玉菌しか増やす事が出来ません。

 

オリゴ糖を摂取する場合には、食べ物や健康食品などで意図的に複数のオリゴ糖を摂取するのが望ましいのです。様々な種類のオリゴ糖を摂取し、様々な善玉菌を活性化する事で便秘の改善・解消や腸内環境を整えていく事につながっていきます。

 

オリゴ糖の中でおすすめの製品はカイテキオリゴという製品になります。カイテキオリゴは7種類のオリゴ糖が最適なバランスでブレンドされている優れたオリゴ糖になります。また、市販のシロップ状のオリゴ糖などは希釈されて薄められているので純度があまり高くなく、結構たくさん摂ったように錯覚しますが実はその3分の1程度しかオリゴ糖が摂れていなかったといったケースもあります。

 

カイテキオリゴの純度はオリゴ糖がほぼ100%です。無添加で無駄なものが入っていないため、赤ちゃんにも安心して飲ませる事が出来ます。オリゴ糖自体は母乳の中にも含まれていますから、純度ほぼ100%のオリゴ糖ならば安心という理屈になります。

 

ビオフェルミンS細粒の粉末と、カイテキオリゴの粉末を混ぜて服用するのにも便利ですし、粉末状なので飲み物や食べ物に混ぜる事も容易です。風味を損なう事もほとんど無いので色々な使い方が出来ます。

 

子供が便秘になったらビオフェルミンとカイテキオリゴのダブルコンボで腸内のスッキリを実現させてあげましょう。