MENU

子供の腹痛の30%以上が便秘が原因という噂が!

<子供の腹痛の中には便秘に原因がある事も!>

 

子供はよく腹痛を起こす場合があります。その原因は一概に言えませんが色々な原因があります。小さい子供の場合はお腹が痛くなっても痛みがどのようなものかや、どれだけ痛いのかがうまく表現できない事もあり、親は心配して大慌てで医者に連れて行く事が多いです。

 

もちろん子供が腹痛を訴えているのであれば、早く医者に診せて薬をもらうのが正解です。どんな軽い理由にせよ、腹痛は重篤な病が隠れている可能性があるのですから、一度は医療機関で診てもらった方が、時にはやぶ医者にひっかかることもありますが基本的には安心ですし確実です。

 

ですがこのような腹痛で小児科にかかる子供のうち、30%〜40%の子供は便秘由来が原因の腹痛だと言われています。また、子供の腹痛の原因では便秘がトップにランクインしているのです。

 

子供が度々腹痛を起こしたり、お腹が痛いと訴えている場合には、直近のトイレ状況を確認してみるようにしましょう。意外と便をしっかり出していない事も考えられます。

 

<子供はなぜ便秘で腹痛を起こすのか>

 

子供はなぜ便秘で腹痛をよく起こすのでしょうか?便秘を起こして便が腸内に留まっていると、だんだん便が腐敗したり発酵したりして腸内にガスが発生し、それがたまるようになります。ガスがたまるとお腹がパンパンに張ってくるため、それによって苦しさを感じたり不快感を感じるようになります。

 

更に便が腸内に長時間留まっていると、だんだんと水分が腸壁にとられてしまい、便がカチコチに硬くなってしまう現象が起こります。排せつしようと踏ん張っても便はなかなか出てこず、溜まった便のせいでお腹が痛くなってくる事があるのです。

 

子供の便がきちんと出ているかどうかについては、排せつのお世話が必要な時期なら親も把握できますが、一人で排せつ出来る年齢になると毎日きちんと便が出ているのかどうかは子供に聞かないとわからない部分があります。

 

ですが少々成長している子供であれば、仰向けに寝かせて膝を立てた状態にし、左の下腹あたりを抑えてみると便の塊の感触を感じる事が出来る場合があります。この場合は便秘と言って差し支えないかもしれません。

 

<子供の便秘の腹痛を和らげるにはどうすれば良い?>

 

子供が便秘による腹痛になってしまった場合、腹痛の原因が便秘にあることがわかっているのであれば溜まった便を体外に排せつできるように浣腸などを行って一時的に対処するのが得策です。ですが腹痛の原因もわからずに、安易に便秘が原因だと判断するのはあまり良くありません。

 

理由がわからなければ一応医療機関で相談するのが良いでしょう。子供に聞いてみた結果、しばらく便秘で便が出ていない事が判明したらとりあえず浣腸や子供用の下剤などを試してみても良いと思いますが、便を出しても腹痛があるようならすぐ医者に連れて行きましょう。

 

市販の薬だと子供用のイチジク浣腸などを手に入れることが出来ますが、親が正しい使い方をよく知らなかったり、初めて使用する際には小児科でアドバイスをもらう方が良いですし、浣腸ではなく子供に使える下剤を処方してもらえる事があるのでやはり医者に連れて行く方が無難かもしれません。

 

子供が腹痛を起こしていても、便秘由来の腹痛であれば浣腸や下剤で溜まった便とガスを出してしまう事でとりあえず元通り元気になる子供も多いです。ですが浣腸は、ある程度大きくなった子供は気持ち悪いので結構嫌がるものです。

 

できるだけ浣腸のお世話にならないように、便秘になりにくい腸内環境に整えてあげる生活を送らせるようにしましょう。便秘予防になるおなかに良い食べ物を出来るだけ日々の食卓に取り入れたり、毎日同じ時間にトイレで数分座る・こまめな水分補給をするなどの便秘になりにくい生活習慣を身に付けさせるのがベストです。

 

毎日を規則正しく過ごさせる事が大切で、睡眠・食事・トイレなど、だいたいいつも同じ時間帯に行わせるようにしましょう。食事は火を通した食物繊維たっぷりの野菜やバナナ、味噌汁や漬物、海藻類をバランスよく摂らせます。

 

納豆・ヨーグルトなどは腸内環境を整えるのに適した食品ですので、できるだけ適量を食事に取り入れる事をおすすめします。更に積極的に取り入れたいのがオリゴ糖になります。オリゴ糖は食品からも摂取することが出来ますが、意識して摂るのであれば高純度で子供にも使えるカイテキオリゴなどの健康食品が良いでしょう。

 

便秘予防に特化したオリゴ糖を選ぶと、腸内の様々な種類に適している複数のオリゴ糖が含まれていますので、効率よく腸内の善玉菌をたくさん増やして腸内環境を整えていってくれます。

 

<子供の腹痛は侮らない事>

 

子供の腹痛は便秘以外にも色々な原因があります。どんな原因にせよ子供の腹痛を楽観視するのは危険な行為です。たとえ便秘が原因の腹痛であっても、便秘はひどくなると免疫力の低下や腸の変形、腸内に有害なガスが発生してそれが全身に巡ったり、代謝が鈍くなってしまうといった困った症状を引き起こす事があるのです。

 

また、腹痛の原因が便秘以外にある場合は更に問題です。時には緊急性が高くて命の危険もある腸重積や急性虫垂炎、腸閉塞を起こしている事もあります。このような場合は便秘と違い、我慢できない位の痛みが生じますので子供も尋常じゃなく泣きわめくと思いますので割と病院に連れて行こう!となる事が多いと思われます。

 

もしも子供の便にジャムのような状態の血が付いていたり、お腹がパンパンに張っていたり、何度も繰り返し痛みが生じ、その痛みが徐々に強くなっていくと子供が訴えている場合にはかなり危険性が高いかもしれません。また、この場合には発熱や嘔吐が出る場合もあります。

 

まだ子供がそれほど腹痛を訴えておらず、泣くほどの痛みでは無かったとしても、発熱と嘔吐がセットで現れたり、さらに便秘ではなく下痢を起こしているといった場合にも、風邪や感染性胃腸炎を患っている可能性があります。

 

上記の事から、子供が腹痛を訴えたらとりあえず原因が便秘と予想できても病院に行って医者に相談するのがベストと言えそうです。