MENU

乳幼児の慢性的便秘は一生を左右する!?早めの腸内環境改善を!

<乳幼児の慢性的便秘は早めに解消!今後の腸内環境を左右する!?>

 

乳幼児の慢性的な便秘は幼少期だけでなく、大きくなってからも腸内環境や腸とトラブルと関係してくる事があります。乳幼児が便秘になると、子供なりにイライラしたり不快感で落ち着きが無くなったりなど、様々な影響が出る事が多いのです。

 

また、単なる便秘だと思って放置していたら急に腹痛を起こし、救急車で運ばれていったという事例も全国では多く発生しています。便秘を単なる便の詰まりと捉えず、様々な害を及ぼす病気だと考えて、乳幼児の慢性的便秘は早めに解消できるように親が率先して働きかけていきましょう。

 

<最近は乳幼児などの子供の慢性的便秘が増えてきている>

 

最近は乳幼児や子供が、慢性的な便秘に陥っている事が多く見られるようになってきました。これは昔と違い、現在の娯楽の多さや親の生活習慣によって夜更かしする子供が多くなってしまい、規則正しい生活ができなくなったり睡眠不足の子供が増えてきた結果、自律神経の働きなどに乱れが生じやすくなっている事も原因の一つと考えられています。

 

特に現代の小学生は恵まれていますので、小さな頃から親にゲームやスマホなどを与えられて過ごします。その結果つい寝るのが遅くなってしまったりと、生活のリズムが崩れやすいのです。

 

子供の頃は一定の生活リズムに従って体内時計を狂わせる事なく生活をさせないと、排便のリズムも崩れていってしまう原因になります。先ほど書いた自律神経は睡眠・排せつなどの重要な部分をコントロールする役割がありますが、自律神経の働きを正常に保たせるには充分な睡眠時間と規則正しい生活が必要です。

 

また、寝る時間がまちまちだと体内時計が狂いやすくなり、毎日同じ時間帯に排便をするリズムが狂ってしまう事があります。実際親にスマホやゲームなどを与えられる小学生の頃になってくると、過半数の子供が毎日排便が無くなるという調査結果まであります。

 

もはやここまでくると、便秘は大人特有の症状ではないと言えるでしょう。

 

<子供の排便リズムと腸内環境を整える事が大事>

 

子供はちょっとした生活の変化や食生活、生活習慣などによって腸内環境が乱れやすいと言われています。子供の慢性的便秘は、腸内環境にとって悪い影響を及ぼす生活を長期的に続けてしまった結果だったり、ストレスによるものだったりと原因は様々です。

 

ですがせめて腸内環境と排便のリズムだけでも整えられるように働きかけていけば、それなりに慢性的な便秘体質にも改善の兆しが見られる事もあります。

 

慢性的な便秘は心身ともに悪影響を及ぼしますし、落ち着きのない子供になったり学力の低下を招くことすらあります。なるべく早く、出来れば乳幼児の頃から快適な腸内環境に整えてあげると、大人になってからも腸内環境が良好である可能性は高いです。

 

乳幼児や子供がひどい便秘の末に救急車で運ばれるといった事は全国的に見れば珍しい事ではありませんが、そこまでひどくなくても子供のうちから便秘体質であるという事自体が問題です。

 

<慢性的便秘は大人になってからでは解消が難しい?>

 

子供の頃からの食生活や習慣を大人になってから変えるのは意外と難しいものです。慢性的な便秘になってしまっている大人が腸内環境を整えて改善・解消をしたくても、腸内環境も生活習慣も食習慣も、ある程度大人になるまでに完成されてしまっているので長期的に改善を図っていかなければなりません。

 

例えて言うならば、今まで子供の頃から野菜をあまり食べずに育ってきた大人が、いきなり毎日の食卓を野菜だらけにして長期間満足できるのかとか、そういった細かいレベルの問題です。

 

ある程度は我慢が出来るかもしれませんが、睡眠時間であったり毎日の生活習慣であったり、子供の頃から身に付けている習慣はなかなか変化させるのが難しい部分もあります。また、腸内に生息している細菌の種類も子供の頃からの食生活に左右されている部分がありますので、これをいきなりチェンジさせようとしても難しいのです。

 

オリゴ糖や乳酸菌サプリなどを摂れば腸内環境を整える事が可能であっても、それを長期的に生かす事ができるかどうかはやはり腸内環境と生活習慣次第なのです。また、自分は子供のころから便秘体質だからというあきらめの気持ちのようなものが影響してしまう事もあります。

 

慢性的な便秘のまま子供時代を過ごしてしまうと、排便のリズムが整わずに乱れている事が当たり前になってしまうため、変なクセが付いて年齢が上がるほど便秘体質の改善・解消が難しくなっていってしまいます。

 

乳幼児のうちから慢性的な便秘になってしまうのはよくある事ですが、その頃から便秘がちだと親も子供はそういう体質なんだと納得してしまう事があります。時々便さえ出ていれば、特に問題無いように思われますが、大人になってから便秘と付き合うのは意外と厄介なものです。

 

できるだけ乳幼児のうちから便秘に気を付け、便秘に良い食べ物や生活習慣を実践して子供の慢性的便秘の解消に努めましょう。