MENU

乳幼児のお尻のただれ!離乳食の時期に起こりやすい排便の異常

<乳幼児のお尻のただれは要注意のサイン!?排便異常かも?>

 

乳幼児は成長が著しいので、様々な成長の節目で色々なトラブルに見舞われがちです。特に離乳食に切り替わる時期には腸内環境の変化などで色々な事が起きます。もしも乳幼児のお尻にただれが見られる場合、排便異常が起きている事もあります。

 

離乳食期の乳幼児はミルクや母乳から離乳食へと食事内容が切り替わるため便秘になりやすく、肛門の前にある直腸部分に便秘で固くなった便が詰まりやすくなるほか、そこから後からやってきた柔らかい便や詰まっていた便が少しずつ便漏れしたりする事もあるため、常にお尻に便がついている状態になります。

 

そしてこれが肛門やお尻のただれが起きる原因になります。赤くただれた部分は目立つのですぐに気付くと思われますが、もしもお尻のただれが起きたらこまめにケアしてあげる事が大事です。

 

便秘のせいで固まった便しか出ない状態が長く続くと、便漏れなどによるお尻のただれだけで済まず、排せつの際に固い便を出した事による肛門裂傷(切れ痔)になってしまう事もあります。肛門裂傷は一度起こると治るまでは痛みを感じて排せつが辛くなりますので、一度に便を出しきる事が出来ずに便が溜まりがちになり、更に便秘を悪化させてしまう事もあるので要注意です。

 

便秘のような排便異常に関しても、ただ便を出すだけでなく便秘の解消に向けた対策が必要になります。

 

<乳幼児のお尻のただれのケアについて>

 

乳幼児のお尻のただれのケアとしては、こまめにウェットティッシュなどでふき取り、清潔にしてあげるようにするのが良いでしょう。この際はやさしくふき取り、強くこすったりしないのがコツです。

 

お尻のただれは便秘による便漏れなどが原因で起こります。お尻がただれたら便秘の可能性があるため、乳幼児の腸内環境を整え、排せつに関しての習慣を正していく必要性があります。便秘は普段の食生活や排せつ習慣などが関係していますので、乳幼児の成長具合に合った方法で便秘の改善・解消が出来るとされる方法をできるだけ多く実践していきましょう。

 

その際に気を付けなければならないのが、便秘にはバナナが良いと言われたら毎日バナナだけを食べさせたり、寒天がいいと言われれば毎日寒天だけを食卓に取り入れる事です。便秘に良い食材にはそれぞれ担う役割に違いがありますので、腸に良い食材でも単一のものばかり食べさせていては思ったように効果が上がらない事が多々あります。

 

便秘に良い食材や食生活、生活習慣は色々織り交ぜて実践していくのが望ましいのです。

 

また、便秘が長く続く場合は綿棒浣腸を試してみたり、小児科で医師に相談すると良いでしょう。時にはたまった固い便を取り除く処置やアドバイスをしてもらう事が出来ます。便秘に良い生活習慣を実践してあげると、そのうち便秘は良くなっていく事が多いですから、工夫して頑張ってみましょう。